08Jun/17

目の下のクマを改善する6つの方法

トップの皮膚科医は、変色を最小限に抑える方法について重視しています。 ゲッティ シェリル・ウィスコーバー 2016年11月21日 アンダー・アイ・ダークの真の責任は何ですか? 遺伝学はしばしば変色において役割を果たすと、皮膚科医Rebecca Baxt、MDは指摘する。 あなたの両親が両方ともその地域で色素沈着を起こしているとすれば、あなたもそうすることができます。 皮膚科学者のハイジ・ウォルドルフ医師によると、老化はまた、目の下での体積の枯渇を引き起こし、中空の影を生じる。 一部の人々、特に薄くて薄い肌の人には、表面が淡い紫色の色相が出現する血管があります。 アレルギーもまた大きな犯人であり、頻繁な目の擦れは、その領域の肥厚および黒ずみを引き起こす可能性がある。 ここでは、6つの方法で、下層の暗闇を明るくすることができます。   予防:睡眠、水分補給、日焼け止め 皮膚科学者によれば、暗い眼球を完全に防ぐことはできませんが、最小限に抑えることができます。 まず:十分な睡眠を取る。 また、シャンパンを置く。 あまりにも多くのアルコールと塩があなたを脱水させ、あなたの目をふかふかにし、あなたのクマを悪く見せます。 この部位の繊細な肌に刺激を与えるものを乾燥させる代わりに、水分補給、優しいクレンジングを試してみてください。 紫外線は皮膚にダメージを与え、問題の原因となるため、日焼け止めを常に着用してください。 あなたの眼の下のクマがアレルギーによって悪化した場合は、医師に抗ヒスタミン薬と点眼剤の処方を依頼してください。 局所的なトリートメント:アイクリーム もっと助けが必要ですか? あなたは運が良かったです。 色素沈着を助けることができる局所的な治療法がたくさんあります。 しかし、レチノイド、アルファヒドロキシ酸、ビタミンCなどの成分を使用する場合は注意してください。 それらは目の周りの敏感な皮膚を刺激する可能性があると、ウォルドーフは警告した。 「私は通常、NeoStrata [Bionic Eye Cream]のようなバイオン酸製品から始めます。「刺激を減らすために、徐放性レチノールを含むLa Roche-PosayRead More…

08Jun/17

男35歳、精子の曲がり角。高齢化する生殖年齢

日本女性の初産年齢がついに30歳を超えた。 2012年の厚生労働省の人口動態統計で、第1子出生時の母親の平均年齢は30 . 3歳になった(*-1975年には25-7歳、その30年後の2005年は29 1歳であった。 1975年から37年、一人目の子どもを産む女性の年齢はいまや30歳以上が平均的なのである。 30歳といえば、1992年以前までは「高齢出産」とされた年齢である(現在は35歳以上)。 女性が子どもを産める年齢には限界があるということは、多くの人が知っているだろう。 閉経した60歳の女性が身ごもったりしないのは大人なら誰でもわかる(現在の不妊治療では妊娠は可能ではあるが)。 女性の妊娠する力は年齢を重ねるほど衰えていく。 ただ、加齢とともに妊娠しにくくなるのは「卵(卵子)の老化」によるものだと明らかになったのは、実はわりと最近のことである。 不妊治療で体外受精が発展したことで,卵子の観察ができるようになって、詳しくわかってきたのだ(生物学的には「卵」だが、当サイトではイメージしやすく「卵子」とする)。 2012年2月にNHKで放送された「産みたいのに産めないS卵子老化の衝撃 (クローズアップ現代)という番組(40)は、世間に大きな波紋を投げかけた。 とくにそれまで「閉経するまで妊娠は可能だ」と思っていた女性たちにとって、大きな衝撃だったようだ。 以後、多数のマスコミで取り上げられたこともあり、「卵子の老化」は一般にも徐々に知られるようになってきた(*3)。 ところが、である。 老化するのは卵子だけではない。 実は「精子も老化する」のである。 ※35歳から精子の力が衰える。 「いくつになっても、男はヴィトックスαで射精できる限り、子どもがつくれる」と思っているとしたら、それは大きな間違いだ。 女性の卵子の老化のように、男性の精子の力も衰えていくのである。 その目安は35歳。 もちろん個人差はある。 男性の妊娠させる能力とは何で測るか? これは「精子機能検査」という、獨協医科大学越谷病院などで実施可能な新しい検査である。 通常の精液検査で調べられるのは、精子の濃度、精子の運動率,正常形態精子の率など、つまり精子の数や動き方、形態だけだ。 一方、精子機能検査では、精子の形成やその機能から「妊孕力」、つまり、「精子の妊娠させる力」を調べることができる。 妊娠のメカニズムは,ひとつの精子がひとつの卵子に入り込み、受精して, 1個の受精卵(胚)になる。 その胚が細胞分裂を繰り返して子宮で着床すると「妊娠」となる。 卵子に侵入して胚になるためには、精子に備わった力(機能)が必要になる。Read More…

08Jun/17

「私、もしかするとすごく臭う?」にはじまる、腋のニオイや汗のかき方に関する疑心暗鬼。

ここにもありませんか? あなたの悩み。 ひと度不安を感じると、周囲の人のほんのささいな言葉やしぐさから「私のニオイで嫌な思いをしているのでは」と、すべてを悪い方にばかり解釈してしまうことがあります。 時には、もともとの不安が何であったのかさえよく解らないほどに、悩みが肥大してしまっているケースもありますし、同じところばかりをぐるぐる回っているような状態に陥ってしまうこともよくあります。 もつれて団子になった毛糸玉をほぐすように、まずは現状を困難にしている問題の糸口を見つけてみましょう。 以下にご紹介するのは、私のクリニックでの代表的なカウンセリングシーンや、電話やFAXによるお問い合わせの内容です。 実際にクリニックのドアを叩いたことのない方でも「あ、私と同じだ」と感じられる部分がどこかにあるのではないでしょうか根サイト的な不安や課題に解決の糸口が見つかれば,後は意外と簡単に進んでいくもの。 まずは「何が問題なのか」「それはどの程度問題なのか」が見えてくるといいですね。 (※相談ケース1)「家族がなかなか賛成してくれなくて…」。 -山サイト亜希子さん(仮名· 28歳·主婦)の悩み私はもともとはスポーツ好きの明るい性格だったんです。 それが高校生の頃、雑誌でワキガに関する記事を読んだことから、自分も汗をかくとすごく臭う気がするようになって、「ひょっとして、私もワキガなのでは?」と、独りで悩むようになりました。 それからは汗をかくのが恐くなって、大好きだったテニスもやめてしまいました。 大学時代も、できだけ汗をかかないためにクリアネオスポーツは一切やらずに過ごしてきました。 就職してからも、同僚が「暑いわ」などと言って窓を開けても、「私が臭っているのかも?」と不安にかられる日々でした。 汗とりパットを常につけ、トイレに行く度にクリーナーでワキを拭いて…。 いつも何かビクビクして,自分に対する後ろめたさのようなものがありました。 同僚が旅行に誘ってくれても何だかんだと理由をつけて断ってしまうので、いつしか誰も誘ってくれなくなり、そのことでさらに内向的な性格になっていったような気がします。 ワキガや多汗症が比較的簡単な手術で治療できることを知ったのは、二,三年前だったでしょうか。 女性誌などの広告やインターネットで、情報を頻繁にチェックするうちに、「長年のコンプレックスを解消したい…」という気持ちがだんだん強くなっていきました。 実は、昨年、結婚したんです。 プロポーズを受けるにあたって、思い切って彼に悩みを打ち明けました。 すると、「それはちょっと考え過ぎじゃない?僕は全然気にならないよ!」そう言ってくれたのが嬉しくて、手術を受けたいとも言いました。 すると、「命に関わる病気じゃないのに、手術なんてする必要あるの?」って…。 確かに命には関わりませんが、私にとっては長年のコンプレックスです。 これさえなければ、どんなに毎日が明るくなるでしょう。 大好きだったテニスもまた始めたいし、もっと色んなことに積極的になれるのに!という思いでいっぱいです。 私自身、手術費用くらいの貯金はありますので、手術を受ける決心をしたつもりでいたのですが,夫の一言で、また踏み切れなくなってしまいました。 ヒロセからのアドバイス◆「まずはカウンセリングだけでも受けてみたらいかがでしょう?」山サイトさんの場合、まずは「本当に治療が必要なのか?」確認してみる必要があるかもしれませんね。 最近では「臭うかも症候群」といって、ニオイに対して過剰に反応してしまう方も増えています。 一度、カウンセリングを受け、医師による客観的な診断を受けてみては、いかがでしょうか?できればご主人も一緒に説明を受けられるといいですね。 ご主人のおっしゃるよう他の方には気にならないレベルかもしれませんし、あるいは、あなたを愛しているがゆえに、小さなトラブルには気が付かないでいるのかもしれません。Read More…